2006年07月07日

インターネットでの物の売り方革命 Part6

離れたところに商店が一軒一軒あるよりも
集まって商店街になったほうが集客力があるのは
EC(電子商取引)の世界でも同じだ。

ヤフーの「ショッピング」というカテゴリーに登録することは
これにあたる。

もっと強力なビジネスモデルは、、、


                        (つづく)

☆もし良ければ、励みになりますので、ランキング投票(クリック)を宜しくお願いします。
   ↓
@ブログランキング
AJRANKブログランキングへ
B人気blogランキングへ

☆”稼げる”魔法のホームページ無料プレゼント→    
 http://www.southernclub.net/members/shinshin.html
 (もし興味があれば、無料なので登録してみてください。
  ご自身のホームページが持てて、小遣いぐらい稼げますよ。)


posted by shin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月06日

インターネットでの物の売り方革命 Part5

アマゾンのウェブサービスでは
アマゾンの全商品データへのアクセスが
プログラムから可能だ。
だから、開発者がアマゾンの取り扱う全商品を対象とした
サービスを容易に開発でき
(つまりロングテール追求が一気にでき、)
ウェブ全体でのロングテール追求の連鎖が生まれる。

『ウェブ進化論』(筆者;梅田望夫)(P132)参照



ヤフーや楽天は、日本で誰よりも上手にWEB1.0ビジネスを
成功させたが、、、

                        (つづく)

☆もし良ければ、励みになりますので、ランキング投票(クリック)を宜しくお願いします。
   ↓
@ブログランキング
AJRANKブログランキングへ
B人気blogランキングへ

☆”稼げる”魔法のホームページ無料プレゼント→    
 http://www.southernclub.net/members/shinshin.html
 (もし興味があれば、無料なので登録してみてください。
  ご自身のホームページが持てて、小遣いぐらい稼げますよ。)


posted by shin at 00:00| Comment(1) | TrackBack(0) | ウェブ2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

インターネットでの物の売り方革命 Part4

たとえば、楽天のアフィリエイトの場合に
普通のユーザが利用するというのは
 1)自分のサイトに楽天の商品にリンクを貼って紹介
 2)そのサイトを訪れた人がそのリンクを経由して
   楽天サイトに飛び、その商品を購入した場合に
 3)そのサイト運営者にマージンが入る。

この構造の場合に
サイトには手動で楽天の商品を貼り付けなければならないから
ロングテール商品を貼り付けることはできない。

よって、売れ筋商品を選んで貼り付け、コスト対効果を上げようと
いう方向になり、「恐竜の首」的なビジネスになりやすい。
「手動」というところに、コスト構造的な限界があり、ロングテールが追求しにくい。

『ウェブ進化論』(筆者;梅田望夫)(P132)参照




一方の、アマゾンのウェブビジネスは、、、

                             (つづく)

☆もし良ければ、励みになりますので、ランキング投票(クリック)を宜しくお願いします。
   ↓
@ブログランキング
AJRANKブログランキングへ
B人気blogランキングへ

☆”稼げる”魔法のホームページ無料プレゼント→    
 http://www.southernclub.net/members/shinshin.html
 (もし興味があれば、無料なので登録してみてください。
  ご自身のホームページが持てて、小遣いぐらい稼げますよ。)


  
posted by shin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月04日

インターネットでの物の売り方革命 Part3

WEB1.0の閉鎖的な空間では
ロングテールの追求の事業機会が生まれないのだ。

簡単に言うと、
 普通のユーザーが使えるだけ             →WEB1.0
 さらにそのサービスの上に新しいサービスを開発できる →WEB2.0

『ウェブ進化論』(筆者;梅田望夫)(P131)参照




たとえば楽天などのアフィリエイトの場合は、、

                             (つづく)

☆もし良ければ、励みになりますので、ランキング投票(クリック)を宜しくお願いします。
   ↓
@ブログランキング
AJRANKブログランキングへ
B人気blogランキングへ

☆”稼げる”魔法のホームページ無料プレゼント→    
 http://www.southernclub.net/members/shinshin.html
 (もし興味があれば、無料なので登録してみてください。
  ご自身のホームページが持てて、小遣いぐらい稼げますよ。)

posted by shin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ウェブ2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

インターネットでの物の売り方革命 Part2

 自らロングテールの追求者と定義するグーグルCEO
 エリック・シュミットはロングテール追求の意味をこう表現する。

 「膨大な数の、それぞれにはとても小さいマーケットが急成長
  しており、その市場がグーグルのターゲットだ。
  グーグルは、膨大な数のスモールビジネスと個人がカネを稼げる
  インフラを用意して、そのロングテール市場を追及する。」

『ウェブ進化論』(筆者:梅田望夫)(P130)参照



ヤフーや楽天は、日本の中で誰よりも上手にWEB1.0ビジネスを
成功させたが・・

                          (つづく)

☆もし良ければ、励みになりますので、ランキング投票(クリック)を宜しくお願いします。
   ↓
@ブログランキング
AJRANKブログランキングへ
B人気blogランキングへ

☆”稼げる”魔法のホームページ無料プレゼント→    
 http://www.southernclub.net/members/shinshin.html
 (もし興味があれば、無料なので登録してみてください。
  ご自身のホームページが持てて、小遣いぐらい稼げますよ。)



posted by shin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(1) | ウェブ2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月02日

インターネットでの物の売り方革命 Part1

ウェブ2.0という言葉がビジネスの世界でもトレンドだ。

『ウェブ進化論』(筆者;梅田望夫)には
以下のように表現(P129)されている。


「ロングテールとWeb2.0は表裏一体の関係にある。
 キーワードは不特定多数無限大の自由な参加である。
 それが、ネット上のみ、ほぼゼロコストで実現される。
 ロングテール現象の核心は「参加自由のオープンさと
 自然淘汰の仕組みをロングテール部分に組み込むと、
 未知の可能性が大きく顕在化し、しかもそこが成長していく」
 ことである。そしてそのことを技術的に可能にする仕掛けと
 サービス開発の思想が、WEB2.0である。」 

 自らロングテール追求者と定義するグーグルはどうとらえているか?

                           (続く)

☆もし良ければ、励みになりますので、ランキング投票(クリック)を宜しくお願いします。
   ↓
@ブログランキング
AJRANKブログランキングへ
B人気blogランキングへ

☆”稼げる”魔法のホームページ無料プレゼント→    
 http://www.southernclub.net/members/shinshin.html
 (もし興味があれば、無料なので登録してみてください。
  ご自身のホームページが持てて、小遣いぐらい稼げますよ。)



posted by shin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

インターネットで発する情報(ウェブ2.0)Part4

『ホームページの固定化した情報』→『ブログによる柔軟な発信』

『権威のある情報源から個人の情報源』
 →『個人による書き込みの集大成であるネット辞典「ウィキペディア」』

個人の参加の高まりがうかがえる。
時代が変革している。(ウェブ2.0時代へ)

☆この本わかりやすいよ(この本の解説もやるぞ、乞うご期待!!)
   ↓


☆もし良ければ、励みになりますので、ランキング投票(クリック)を宜しくお願いします。
   ↓
@ブログランキング
AJRANKブログランキングへ
B人気blogランキングへ

☆”稼げる”魔法のホームページ無料プレゼント→    
 http://www.southernclub.net/members/shinshin.html
 (もし興味があれば、無料なので登録してみてください。
  ご自身のホームページが持てて、小遣いぐらい稼げますよ。)


posted by shin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

CGMとは?

CGM(消費者生成メディア)とは
Consumer Generated Media。
利用者がウェブ上で発信した情報をデータベース化したもの。
具体的には、ブログ、SNS、商品などに関する
口コミ情報サイト、知識を交換するQ&Aサイト、写真やブックマークなど
共有サービスなどが含まれる。


☆もし良ければ、励みになりますので、ランキング投票(クリック)を宜しくお願いします。
   ↓
@JRANKブログランキングへ
Aブログランキング
B人気blogランキングへ

☆”稼げる”魔法のホームページ無料プレゼント→    
 http://www.southernclub.net/members/shinshin.html
 (もし興味があれば、無料なので登録してみてください。
  ご自身のホームページが持てて、小遣いぐらい稼げますよ。)
posted by shin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 用語解説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月29日

インターネットで発する情報(ウェブ2.0)Part3

こうした個人発の情報は
CGM(消費者生成メディア)とも呼ばれる。

※CGMは用語解説で解説する。

『ウェブ進化論』(著者:梅田望夫)では
変化の本質を
「ネット利用者が生み出す情報が
 ネットコンテンツの核心となったこと」
と説明している。
   ↓



☆もし良ければ、励みになりますので、ランキング投票(クリック)を宜しくお願いします。
   ↓
@ブログランキング
AJRANKブログランキングへ
B人気blogランキングへ

☆”稼げる”魔法のホームページ無料プレゼント→    
 http://www.southernclub.net/members/shinshin.html
 (もし興味があれば、無料なので登録してみてください。
  ご自身のホームページが持てて、小遣いぐらい稼げますよ。)


posted by shin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年06月28日

インターネットで発する情報(ウェブ2.0)Part2

たとえば、mixiに、個人が見に来るのは
個人が残した情報だ。

ヤフーや楽天のような
ポータルサイトに企業が発信するニュースや商品情報とは違う。

つまり・・・


☆もし良ければ、励みになりますので、ランキング投票(クリック)を宜しくお願いします。
   ↓
@ブログランキング
AJRANKブログランキングへ
B人気blogランキングへ

☆”稼げる”魔法のホームページ無料プレゼント→    
 http://www.southernclub.net/members/shinshin.html
 (もし興味があれば、無料なので登録してみてください。
  ご自身のホームページが持てて、小遣いぐらい稼げますよ。)

posted by shin at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | ウェブ2.0 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。